マンション購入金額

男性

不動産の中でもマンションを購入するときは、管理費や共益費といった諸費用を払わなくてはなりません。勿論この金額は購入するマンションによって異なってきますが、決して安いわけではありません。

もっと読む

価格を決める

メンズ

不動産屋を活用して、自分が所有しているマンションを売却する時には、マンションの価格は自分で決めましょう。不動産屋の意見を取り入れることは大事ですが、最終的な金額は個人で決めることが重要です。

もっと読む

伝える義務があること

積み木

売却をマンション取り扱いにおいて成功させたいと思うなら、都合の悪いことは洗いざらい話した上で取引することが欠かせません。告知義務のある事項を伝えないまま取引をすると、契約解除や損害賠償請求につながるからです。

もっと読む

マイホームの計画

家の模型とグラフ

マイホームを購入する計画をたてる

不動産屋で一戸建てなりマンションなりマイホームを購入することは働くための原動力になりますし、住宅ローンのために働いているという人もいます。不動産は非常に高価なため人生で最も高い買い物となります。なので失敗しないために購入までに綿密な計画をたてることが必要です。最も準備をはやめに開始した方が良いのがお金の準備で十分な頭金を準備したいところですが、新しく家具・家電を買ったり引っ越し費用など他にもお金が必要となるため全てを家のためにかけることができません。しかし頭金が少ないと全て不動産ローンで借り入れすることになるためその分、利子を払う必要が出てきます。およそですが、100万円以上の頭金は準備してから不動産屋に足を運ぶと良いでしょう。

毎月の返済額の目安について

不動産購入時に住宅ローンを組む時に毎月いくらくらいの返済額を目安とするのが良いのかですが、これはおよそ月収の25%程度が理想です。この目安を超えると食費などの他の部分を削る必要が出てきます。普段いくら食費や光熱費、日用品そして子供の教育費などにかかっているのか把握し、残りの分から貯蓄分を引いたものが不動産ローンに充てることができるお金となります。毎月支払うことが出来る金額に返済年数をかけると借り入れ可能額を算出できます。これを逆に借入額を決めてから毎月の返済額を決めると毎月の生活に無理が生じることとなります。そうならないためにも月収からの算出が必要となり、この時普段の残業代やボーナスと言った臨時収入を考慮しないことが大事です。