価格を決める|不動産屋でマイホームを購入する際の試算|返済計画の重要性

価格を決める

メンズ

マンションの価格を決める

マンションを売却する際は、不動産屋に見積もりを出してもらう場合がほとんどです。しかし、実際に売却する価格を決めるのは、不動産屋ではなく売り主本人になります。不動産屋が出す見積もりは、周辺の物件の価格動向から、だいたいこのマンションならこのくらいが相場です、という目安であり、その価格で売るのか、それよりも高い価格で売るのか、安い価格で売るのかは売り主次第なのです。ですから、何軒かに見積もりを出してもらった場合、一番高い金額で見積もりをしてくれた業者に任せれば一番高く売れる、というわけではありません。売りに出してみても、なかなか買い手がつかないために値を下げて売りに出すマンションあります。もちろん、見積もりをしてもらうことは必要になるので、参考のために何軒かの業者に見積もりをしてもらうのも良いでしょう。

物件の価格はどのように決まるのでしょうか

価格を自分で決めなければならないとなると、どのようにして決めれば良いのでしょうか。それは、売り主の事情や都合によって変わってきます。相場よりも高い金額で売りに出せば、なかなか買い手がつかないかもしれません。安い価格で売りに出せば、比較的早く買い手が見つかることでしょう。例えば、ローンが残っているから早く売却したいなどという場合や、マンションを売却したお金を一戸建てを新築する費用にあてるので早く売却したい、などという場合は金額よりも早く売却することを優先して相場よりも少し安い金額で売却する人が多いです。反対に、急いで売却する必要がないので、できるだけ高く売りたいという場合などは、相場よりも高い金額で売りに出す人が多いです。マンションの価格を決める時には、そのような事情も不動産屋に相談して、アドバイスをしてもらうと良いでしょう。